スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

名所めぐりin信濃・壱

いざ信濃路!ヽ(´▽`)/



寄り合い所のMAPをお借りして・・・









こんなルートで進みます。

信濃の次は越後・上野を放置して、「初めて信オンに降り立った地」甲斐へ進む予定。



諏訪湖周辺は名所が密集してて見つけやすそうと思いきや、

意外と高低差のあるMAPなのでしばらくウロウロ。











湖のほとりにある立て札。



観察すると諏訪湖!(アタリマエー)









最近のニュースで諏訪湖が数年ぶりに凍結したとか言ってました。

今年は御神渡(おみわたり)が見れそうだとか( ・∀・)

小学生の頃、父と一緒にワカサギ釣りに行ったこともある場所です。



その昔、ドロップアイテムの「カッパの皿」(特殊装備だったかな?)を取りに

何度も来た場所でもありますw

当時の私のLV(20~30前後)ではかろうじて勝てるという相手でした。









あのときはいっぱいむしっちゃってごめんね!w





そして立て札のそばにある鳥居を観察。











本宮は山のてっぺんにありました。

















前宮と絵が一緒?というのはおいといて、もっとアップで見たいイラストです。



ちなみにおみくじひけます。このときに流れるSEがお正月っぽくてお気に入り。













わぁ━━ヽ(●´∀`)○´∀`)ノ━━ぃ!!

『気がする』だけでも嬉しいものですw



春宮・秋宮は街道をはさんで山の中に。













絵がいっしy・・・



春宮・秋宮の近くにお坊さんトリオがいました。









レンさん・・・しばらく見ないと思ったらこんなところに・・・w(違)

厳しい修行って言うのはモンハンとオロチ2のことですねわかります。





長くなりそうなので弐に続く!




スポンサーサイト

旅にでます。

急に信オンがしたくなってひさしぶりのイン。



さて、何をしようかと考えて

唐突ですが旅に出ることにしました。



とはいえ別に勢力を移るわけでもなく、

のんびりまったり絵巻埋めでもしようかということです。



野良に飛び込んでポイント狩りするほどの意欲もなく、

ボス戦は操作と立ち回りが微妙、

生産は元からやってない・・・とくれば

これくらいしかすることないw



思い立ったが吉日です。

旅のスタートは名前にちなんで「信濃」から。











寄り合い所データを片手に、あえて徒歩で近江→信濃に移動。

新章前に昔を懐かしむプレイもいいじゃないかと自我自賛。(ぇ)



昔は馬なんてなかったから、赤ネームNにおびえつつ

通行したっけな・・・とちょっと思い出に浸るのも楽しかったり・・・w



途中美濃の稲葉山前を通過したときは

かつての賑わいが懐かしくなってしまいました。

泣き草狩りとか、堕落神主で修得徒党とかね・・・。

争覇以降に始めた人が見たら、きっとびっくりする光景だろうなぁ・・・。



(実家のPCには当時の信オンSSが数千枚保存されてます。

HDDが壊れる前に回収にしたい・・・w)




そんなことを考えてたら、いつの間にか稲葉山から直角に曲がって

越前行きの関所越えそうになってました。あぶないあぶないw





のっけから危うさをはらみつつ

次回 『名所めぐりin信濃』 に続きます。






 


- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
05 07
プロフィール

さくらっちょ/桃天(ももてん)

Author:さくらっちょ/桃天(ももてん)
趣味絵を気ままに描き散らし中。

信オン隠居中。
メインキャラ:信濃さくら(仏門)

リンク
最新記事
...
にほんブログ村 ゲームブログ 信長の野望Onlineへ
σ'Д')σ ぽちっとお願いします!
最新コメント
カテゴリ
.
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
月別アーカイブ
..
(C)2003-2013 コーエーテクモゲームス All rights reserved. このホームページに掲載している『信長の野望 Online』の画像は、『信長の野望 Online』公式サイトにおいて使用許諾が明示されているもの、もしくは『信長の野望 Online』の有効なアカウントを所有しているユーザーが株式会社コーエーテクモゲームスから使用許諾を受けたものです。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。